【乗車中】電車で泣いちゃう赤ちゃんを泣き止ませるための7つの方法

お出かけ

電車,泣く,赤ちゃん
しょっちゅう電車で赤ちゃんに泣かれて悩んでいませんか。

  • 最初はいいけど、しばらくするとグズってくる
  • 外の景色を見せようとしてもまだ見せられない
  • 手は尽くしているつもりだけど、どれもイマイチ効果がない
  • お菓子を与えて泣き止ませてもいいの?

公の場で赤ちゃんに泣かれると周囲の目も気になって
おちおち電車にも乗れませんよね。

そんな「困ったときでもピタッと泣き止む方法を7つ」紹介します。

ポイントは

・興味をズラす
・安心させてあげる

この2つがメインです。

やり方もとってもかんたん。
そして電車以外でも応用できる方法ばかりです。
これらをつかいこなせば

電車で泣かれても周りに迷惑をかけずにピタッと泣き止んでくれます

スポンサーリンク




抱っこして赤ちゃんの目を見つめる

ママに目を見つめられると赤ちゃんが泣き止むことも多いです。
まずは顔をしっかり見てあやしてあげてください。

ベビーカーに乗せたままのときは、
単純に抱っこして欲しいだけかもしれません。

このときは一時的に降ろしてあげることもしてみてくださいね。

鏡やスマホのカメラで顔を写してあげる

スマホや携帯、鏡などを使って、赤ちゃん自身を写してあげてみてください。
これだけのことでも赤ちゃんの興味を引くことができます。

赤ちゃんは自分が写っているものには興味を示します。
すると自分の姿や顔を見て泣き止むことがありますよ。
パパやママが一緒に写ってあげるのも効果的です。

電車だけじゃなくスーパーやお出かけ先でもお手軽に使える方法です。

おしゃぶりを与える

おしゃぶりを持っているならくわえさせてあげるだけです。
普段からお世話になっているなら、電車でも有効ですよ。

おしゃぶりの泣き止ませ効果は抜群ですからね。

ただ、2歳以降になってからも長期間に渡って使い続けるのは
やめておいてください。

なぜなら、乳歯の噛みあわせに問題が出るから。
まだまだ小さいうちなら影響もないですから、
月齢に合わせて注意して使う分には大変便利なアイテムですね。

ビニール袋をこすり合わせて音をだす

スーパーの買い物袋で十分です。

ビニール袋のシャカシャカした音は、お腹の中にいた赤ちゃんが
ずっと聞いていた音に似ているので安心してくれます。

泣き止ませる以外にも安心させる効果があるので、
寝付けないときなどに聞かせてあげるとスゥッと寝てくれる子もいます。

電車内ではあまりやりすぎても周りの迷惑にもなるので
少し試してみて落ち着かないようなら違う方法を試してくださいね。

赤ちゃんの口に手を当てる

口を塞ぐわけじゃないので誤解しないように。

口を当てて離すを繰り返すと泣いている最中にアワアワ言わせられます。
これを自分で聞いた赤ちゃんの興味がそっちへ移って泣き止んでくれます。

サングラスをかける

サングラスは約8割の赤ちゃんに効果がある素晴らしいアイテム。

目の前の視界を変えてあげることで興味が変わります。
まだ自分でうまく取り外せない月齢だと便利ですね。

試してみる価値は大いにありますよ。

ベビー用のサングラスも売っているので、
かけるのが難しい月齢の場合には、バンドタイプになっているものを使いましょう。

外出時の紫外線カットも兼ねるので、普段から使っておくと
赤ちゃんの目の保護にも役立ちますね。

触って泣き止ませる

触る方法もいろいろあるので、泣き止ませに効果のある方法を。

  • 手を握ってあげる
  • 顔をなでてあげる
  • 耳の中に指を入れる
  • 顔に息を吹きかける
  • 眉毛を眉頭から眉尻へかけてなでる

こんな方法が使えますね。
とくに耳に指を入れたり、息を吹きかけるのは条件反射を誘えます。
いわゆる「ビックリした〜」というやつですね。

また泣き出してしまうかもしれませんが、単純で効果があります。
落ち着かせたいときはなでてあげれば安心してくれますよ。

どの方法もかんたんなので試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

電車で泣かれたときの7つの対処方法をお伝えしてきました。
おさらいしておくと

  • 抱っこして赤ちゃんの目を見つめる
  • 鏡やスマホのカメラで顔を写してあげる
  • おしゃぶりを与える
  • ビニール袋をこすり合わせて音をだす
  • 赤ちゃんの口に手を当てる
  • サングラスをかける
  • 触って泣き止ませる

この7つですね。
そして触り方も5種類紹介してきました。

これだけ対処法がいっぱいあれば、
どれかはあなたのお子さんにも有効な方法があるはずですよ。

赤ちゃんは個性がそれぞれあるので、
どの方法がピッタリくるかはその子次第。

いろいろ試して有効な手段だけ残していってください。
もうこれで電車の中で少し泣かれたくらいじゃ動じなくなりますよ。

ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク




お出かけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください